タイ古式子宮バランスセラピー

いつも、ここにお越しくださってありがとうございます。

2023年が始まり、もう一か月が過ぎようとしてます~~~~~💛はやっ!(笑)

皆さまは、いかがお過ごしですか?

先日、我が家の前に念願のカーポートが建ちました🎵

ここ数年の大雪に心折れまして(笑)カーポートを建てることにしました。

お越しくださる方々は、ぜひこのカーポートの中に、お車止めて下さいね💛

カーポートを建てようと決めたのが2022.11月だったのですが施工が1月と聞いた時、大丈夫!雪に間に合う!と感じたら、まさに願いました(笑)今から寒波がくるとのことで、おぉー------っとラッキー🎵

さて今回のタイトルは、タイ古式子宮バランスセラピーですが

子宮セラピーを打ち出してから意外に、実はこんな症状があるんです~とか、生理でこんな事があって病院に通っているんです~というお話を聞くようになり

えっ?!結構、40代頃から生理や子宮に悩み?というか、色んな症状が出てきてる人たち多いんだな~と勉強になります。💛

改めて子宮がずれることで、起こりえる症状として

🌟激しい生理痛・生理不順

🌟便秘

🌟流産しやすい・妊娠しにくい

🌟子宮下垂・子宮脱

🌟子宮内膜症・子宮筋腫

🌟更年期障害

🌟性交時の痛み

🌟女性ホルモンのバランスが乱れる

🌟下腹部に、たるみを感じてなかなか取れない

🌟頻尿・尿漏れ

🌟おりものの違和感・悪臭

🌟腰痛・肩こり

🌟肌色が悪い・肌が荒れる

🌟ハリのない、女性らしくない体つき

などが、あげられます。

上記の症状を感じていらっしゃる方って多いのではないでしょうか?

腰痛、肩こりってありますよね?

私も若い頃、バレーボールをしていた時、かかりつけの整体師さんに、子供を授かることは少し難しいかもと言われてて

腰痛も酷かったけど、生理も数か月に一回くる感じだったり、極度の貧血で測定不可能と言われ、毎日、注射を打っていたり

今、思えば子宮のズレや、血流も経絡も滞っていたんだと

でもその頃は知る由もなく・・・でした。

知識がないのは勿論ですが、体調が悪いのは気合と根性で乗り切る時代だったし、身体のメンテをする、血流を良くする・・とか本当に無知でした💦ただ、みんなでマッサージしあいっこしたり、あまりにも腰が痛くなると、たまに整体師さんの所へ行ったりぐらい・・・

母に身体を温めておきなさいと言われても日々の生活が、とにかく必死で心の余裕もなかった💦

だからきっと私はボディワーカーに導かれてきたのだと思います🎵

このタイ古式子宮バランスセラピーは、タイの助産婦さんたちの間で古くから伝えわるタイ伝統医学に基づいた、子宮ケア自然療法で

子宮の位置がずれるのは、子宮SEN(セン)目に見えないエネルギーの流れが身体に張り巡らせていてそのセンの滞りや偏りが原因だと言われてます。

凄くシンプルな施術で子宮センを緩めて子宮の位置を本来の位置に戻していく💛

私の勝手な解釈なんだけど

子宮を本来の位置に戻していく=本来の自分に戻っていく💛繋がっているように思うんです(笑)

また足の長さが違う方いらっしゃいますが、その場合、子宮センが緩んでいる、子宮センが張っていることが関係してくるので、足の長さを整えるのは子宮センを整えることに繋がります。

毎月受けてくれてるMちゃんは、激しい生理痛に悩まされていましたが今は、ほとんどないそうです。💛

あと生理前になると夜中、おトイレに二回ほど起きる事があったけど、この前ふと・・・あれっ?起きる事なくなっていたと気付いて、お話ししてくれました💛

気になる症状があって病院に通う方もいらっしゃると思いますが、それと同時にタイ古式子宮バランスセラピーも受けて頂ければと思います。

私も定期的に病院へ行き検査は受けてます。

でも、それだけが全てではないと知っているので自分の身体の治癒力もあげる施術もしてます。自分で足を揉むことができるのは本当に大切なツールでしたが、食事プラスサプリメントなどでバランスを取ることもしています。

ただ、お医者様へ全て任せる、委ねるという行為ではなく、自分の身体の声をちゃんと聞き、意識的に自分を見ることを、おすすめします💛

女性ならではのタイ古式子宮バランスセラピーも、凄くおすすめです💛

🌟120分 ¥12000

※初回割引き20%オフ

それでは今日はこの辺で💛

最後までお付き合い、ありがとうございました。

関連記事

  1. 53歳の挑戦(笑)

  2. タイ古式子宮バランスセラピー ~お顔が変わった~

  3. 全てが必然🎵

  4. タイ古式子宮バランスセラピー ~いい感じに肩の力が抜ける~

  5. 新しい始まり💛ローズクォーツ~いのちの華~ タイ古式子宮バラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。