ココロと身体に寄り添うサロン

ローズクォーツの前田です。

時間があると片づけをしている毎日^^

開けるのが怖かった場所や、見ないふりをしていた場所とご対面中(笑)

まるで自分の中身を丸出しにしているかのような感覚(笑)

でも、楽しい!

今度は何が出てくるのかな?・・みたいな^^

一つ一つの物が、その当時の私を映し出してくれて・・・ありがとうなのだ^^

 

そんな中、10数年前に購入した漫画本が出てきた

神尾葉子さんの作品 ”キャットストリート”

神尾さんの”花男”が大好きで、その次に出た作品かと・・・

DSC_1068

写真が横になってしまった(失礼しました)

 

内容は子役で有名だったケイトが舞台で失敗をし、それから7年引きこもり生活

フリースクール(とにかく自由な学校)の先生と出会ってから仲間が出来き、自分の道を見つけていく。

ラブストーリーもあるが

自分の足で歩いていくケイトが、めっちゃ好き♡

ってか神尾さんの絵も好き♡

 

この本を見つけた時、なぜか片付ける手を止めて夢中で何度も読み返した私

今の私に、とても必要なメッセージが次々と出てきて

最近、出てきていた言葉が

”自分に愛を与える” なんです。

 

私は自分に愛を与える事が苦手で・・・そもそも愛を与える?って???(笑)

想像以上に自分を痛めつけてきた私には、なんのことやらさっぱり(笑)

 

でも、ふと出てきた言葉なら今、一つずつ向き合うか~みたいな^^

 

じゃあここで、自分に愛を与えるってことは、こうなんです!というお話ではなく

私が感じた事を、そのまま言葉にしているだけ~

 

ずっと自分を見る事を避けてきたのかもしれない?

自分を一番、見て見ぬふりしてきたのかもしれない?

片づけと一緒ですね~冒頭にお話ししましたが(笑)

ちゃんと出てる(笑)

その作業を楽しんでいる自分か~なるほどね♬

 

で、その漫画本に出てきた言葉が

 

スクール長がケイトに

”いつも他人から与えてもらってる幸福だから揺らぐんです。

君自身がつかまないと、誰をもそれで包んであげられない。

ケイト(かや)幸せになりなさい。”

 

勝手に主人公を自分に変えちゃいましたが(笑)(笑)(笑)

 

で、ケイト(かや)の心の声が

”やっと見つけた場所を失いたくなくて

あたしが持っている見えない持ち物から

目をそらし続けていた。”

 

です。

 

くぅ~~~

そして

スクール長が最後の方(スクール長、病気で亡くなる設定なんです)

で、ケイトへの最後の言葉が

 

”ケイト(かや)

動き出す事に、早いとか、遅いとかないよ

・・・なんて、君はもう分かっているか・・”

 

なんですね~

完璧、漫画本に入り込んで笑える前田ですが

こんな風に、一つ一つ自分に愛を与える事に意識を向けてます。

 

今日も独り言にお付き合い、心より感謝です。

ありがとうございます。